こちらには、タイトルにあるコンベンションにGM希望をいただいた中から、
シナリオ予告をいただけたものを掲載しています。
(敬称略、書式を整えるための改行以外は基本コピペです)
 
 
『トンネルズ&トロールズ完全版』
 GM:960
 
シナリオ名
「ネズミと迷子の大迷惑」
 
○解説
 君は日本に暮らす一般人、自称悪の秘密組織の一員を名乗る「しゃべるネズミ」を
 保護してしまい途方にくれてた君は、何故か見た事も聞いた事も無い
 「トロールワールド」で途方に暮れている。
 …どうしてこうなった?
 
 珍妙などんな質問にも六回まで「答え」を出すことが出来ると言う「しゃべる鼠」と
 同行する事になってしまった君達「駆け出し冒険者」。
 「シツマー」の街で「ラットキン」に襲われた君達は初仕事として迷子9人の捜索と
 救助の依頼を受ける。
 そんな君達が出会ったのは、「日本」から来たと言う大きな迷子と
 しゃべるネズミだった…。
 
 さあ冒険者、ややこしい冒険を楽しもうじゃないか?
 
 
『ソードワールド2.5』
 GM:ソルトP(スタッフ卓)
 
シナリオ名
「先祖の怒り」 他1本
 
○システム
 全てが迷宮と変化してしまい、そこら中に魔物やトラップが存在する世界。
 そんな過酷な環境でも人々は集い、生き抜こうと前に進んでいく……。
 そんな中世ファンタジー風味な世界観の中に、これでもかとギャグを詰め込んでいった
 笑いあり笑い泣きありのシステムです。
 PC達はそこで暮らす人々の代表である“ランドメイカー”となり、
 国や民を魔物や他国の襲撃から守るなどしていきます。
 表題にあるシナリオで残り時間が多くある場合、2本目のシナリオを
 ご用意しています。
○トレーラー
 PC達の国では年に1回、国が興った土地を訪れ先祖に参る風習があった。
 国を興した先祖と、発祥の地を敬うためのものだ。
 しかし、今年は色々なごたごたがあり参る時期を1ヶ月も過ぎてしまった。
 遅ればせながら彼の地へ向かうため先行して配下を向かわせたところ、
 そこは迷宮化しており死霊の跋扈する地となっていた。
 そして死霊達はのたまうのだ。『我らを忘れし子孫に罰を!』と……。